top of page
検索
  • 執筆者の写真康宏 多田

HMX Pb-Mel.発売 Dol.との違い

HMX Pb-Dol. 発売から早3年、今回はDol.よりビンテージ特有の高域の出るハンダを作りたくて、「微粒元素の関係性」に焦点を当て、「Dol.より踏み込んだハンダ」を作りました。


名前は「HMX Pb-Mel.」です。Mel.(読:メル)はMellowを略しました。Dol.と並んで語呂もよいかと思っております。


さて、高音域を出したければあの元素を入れたらいいのでは?と思う方もいらっしゃると思いますが、あの元素は入っておりません。厳密には試作で入っていましたが思っていた音質が再現できなかったため除けました。


そのかわりお気に入りのビンテージハンダ数種を調べて入っていたかなりの数の微粒元素をピックアップして高域が伸びるようにしました。配合バランスにも時間をかけて黄金比になるようしました。作ったことはないのですが、漢方薬を調合してるようでした。


Dol.の艶のあるしっかりとした音、Mel.の立ち上がり良いすっきりした音、どちらもオススメのはんだです。


※Dol,を発売した時、キャラが濃く出るデフォルメの線径は1.2mmとお伝えしました。

今回のMel.のデフォルメは1.0mmとなっております。

あくまでこちらが設けたデフォルメですので、用途によって使い勝手の良い線径をお選びください。

閲覧数:114回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page